Web会議を
リアルタイムで
テキスト化

Web会議の発話内容のリアルタイム文字起こし+音声収録をワンストップで実現!

WorkStyleRecorderの特徴


音声録音〜文字起こしまでの機能をワンストップで実現

会議音声の録音から音声認識による文字起こし、ファイル出力までを1つのソフトウェアで提供するため、複数アプリケーションを行き来する手間は不要です。
キーボード操作だけで文字起こし業務が完結するため作業性も高く、文字起こしの作業時間を一挙に効率化できます。

リアルタイムのテキスト編集、外部音声データのバッチ認識にも対応

音声認識によってリアルタイムに生成されるテキストデータは、会議が進行中であってもそのまま編集できます。したがって、会議進行と並行して議事録作成を進めることも可能です。
また、リアルタイムの音声認識・文字起こし以外にも、録音した音声データを利用した文字起こし(バッチ認識)にも対応しています。Web会議以外の会合や、商談音声データなどの文字起こしの際に便利です。

専用サーバーなしでWeb会議システムから音声収録

音声をアプリケーション(Web会議システム)側からではなくデバイス(PC)側で直接取得するため、音声収録のための追加カスタマイズは不要です。すべてのWeb会議システムでそのままご利用いただけます。


こんなお客様にオススメ

専門用語に対応できない
専門用語や業界用語、固有名詞など、認識されにくい単語は手動で追加登録できます。登録結果は即座に反映されるため、会議録音中でも追加・編集可能です。
複数のリストに分割して単語を登録することもできるので、会議ごとに最適な単語リストを作成して使い分けることもできます。
議事録の作成が大変
音声は文字起こしと並行して同時収録されるため、テキスト化された後で気になる箇所を実際の音声を聞きながらピンポイントで確認・修正できます。
会議の要点ごとにタグ付けやハイライトしたいキーワードを設定することもできるので、議事録の作成時間を大幅に削減可能です。
音声の認識精度が不安
会議中に頻出する「えー」や「えーっと」などのいわゆるつなぎ言葉をノイズとして判定するなど、可能な限り自然な文書表現を実現します。
会議の音声環境に認識精度は左右されがちですが、常に高精度の認識を実現できるように、本製品の認識エンジンを常に改良し続けています。
音声の認識精度が不安
会議中に頻出する「えー」や「えーっと」などのいわゆるつなぎ言葉をノイズとして判定するなど、可能な限り自然な文書表現を実現します。
会議の音声環境に認識精度は左右されがちですが、常に高精度の認識を実現できるように、本製品の認識エンジンを常に改良し続けています。

導入までの流れ

Step.1
お問い合わせ
ご不明点やあらかじめ確認されたい内容などございましたら、下記フォームのご相談事項にご記載の上、お気軽にお問い合わせください。
Step.2
まずは無料のトライアルでお試しください
トライアル環境をご用意いたしますので、本製品の機能と精度をお試しください。
Step.3
面倒な設定は不要!すぐに使えます!
本契約のお申込みから最短5営業日で本番環境をご用意できます。サーバーの設定など、お客様側での作業は不要です。
Step.2
まずは無料のトライアルでお試しください
トライアル環境をご用意いたしますので、本製品の機能と精度をお試しください。

お問い合わせ・無料トライアル

お申込みは下記のフォームからお願いいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。